2019年3月14日木曜日

温泉津温泉

あれから一カ月が経った。
随分とゆっくりと進んだ感じ。

写真は以前紹介した島根県温泉津にある温泉のもう一つの方。
気合でジージ、セガーレ、ムスーメと私の編成で男湯へ突撃したのだが中々ハードル高かった。
加えてメガネで参ったので裸眼ではほとんど周りが見えず苦戦。
基本的に水温は高め。
そして一番熱いお湯はホントに熱いタイプ。
この手のお湯はサウナ効果が得られるので好きです。

今度はゆっくり浸かりたい。

ちなみに入口から男女セパレートタイプ。
ルックス、泉質いずれともおススメです。






























2019年3月13日水曜日

S LINES


































http://sputdealing.com/


SとTが上手にいきそうだったのでつい作ってしまった横長デザイン、勢いに乗ってリリースします。
ボディはスウェットとロンティの2型。
スウェットはいつもの8Oz。
ロンティはいつもと違うALSTYLE社製。(STARCHILDで使ったやつです。)

今回注文の締め切り設けないで随時対応させていただきます。
発送までには一週間程度お時間みていただければ幸いです。
現状は大丈夫そうですがこの時期ボディの争奪戦が繰り広げられておりますので欲しい方はお早めにどうぞ。

ちなみに現在ウェブショップTOPの着装画像はXLサイズです。身長177㎝

個人的には何故だかDimitri from parisを思い出させるのは昔のレコジャケか何かだろうか?

よろしくお願いします。




2019年3月11日月曜日

さてはて






























さてはてどうなる事やら、といった感じですがもう後戻りはできません。

僕の宣言のパブリックイメージがどういうモノかよく分かっているつもりだしこの唯物主義の社会でプラスになるはずもない。

しかし僕的には『ラストカウンターカルチャー』とでも言っておきましょうか。
もしくは大体予想がつく範囲での未来に向けての準備とも感じております。
あとはちょっと常識とは外れた感じでこの世の中の仕組み(社会と言う意味でなく)を認識しているところもあります。
肉体と心のつながり的な。

いずれにしてもSPUT Performance等の創作活動は止めるつもりは今のところありません。
元気に頑張ります。















2019年3月10日日曜日

信仰告白





突然ですが源頼朝をご存知ですか?
歴史の授業で習ったと思うのですが鎌倉幕府を作った人です。
ところで本当にいたと思いますか?
テストの回答に書いたぐらいだからみんな信じている事だと思います。

僕はそれと同じ感じでイエス・キリストが実在したことを信じています。

日月神示には『てんし様』と記述が何度か出てきます。
これが誰を指すのか解き明かしの分岐点とも言えるのですが前紹介したブログの方はそれがイエス・キリストであると解いています。
僕はそれに一票。

ですが間違ってもそこらの教会に足を運んでいる訳でも街頭で冊子を配る団体に所属している訳はないです。
あくまでイエス・キリストの教えを取り入れているだけです。

何故そうするかというと人間の力で反省しきることが出来ないから。
聖書の一部が正しいテキストだと思っています。


正直言ってここ何度かの投稿は突然何を言い出すだろうと思っている人も多いかと思います。
上手く自分の考えを伝える事が出来ているとも思えないので誤解もあると思いますしどこかで面白話にもなりかねないと思いますがそれは致し方ない。
完全に自分の納得いく文章に辿りつくには時間がかかりそうなのでこのままリリースします。


大分端折った感じですが僕が言いたいのは

自分が罪深い不完全な人間だと思っていう事。

そしてイエス・キリストを愛しています。








日月神示 続き




日月神示には『身魂を磨け』と言うような事がたくさん書かれています。
人間とは間違いだらけの生き物なので大丈夫だと思ってないで反省しなさい。とまあ普通の事ですがこれが普通で無くなってしまっている世の中を感じます。

ある時、僕の父親程の人とメールでやり取りしている時、文末に「反省しながら頑張っていきます。」と付けたんですよ。
「何を反省するんですか?」と帰って来てびっくりした事があります。
この人が悪いと言うかそういう風潮なんですね。

何があっても間違いを認めない。
国会で行われている発言なんかを聴いてるとまさにそんな感じですよね。
つまりはお話にならないって事です。

間違いを認めない事で反省に至らない。
これではいつまでたっても自分が磨けない。
みんな自分を隠すのが上手だし人目に触れている自分と本当の自分のギャップに興味がない。
でそのまま死んでいってしまう。



実際反省することに取り組んでみると驚きの事実にぶち当たります。
つまり絶対に自分の力で改善しきる事は出来ないという事です。



昔から考えてきた『なんで産れて来たのか?』という命題に対して僕はひとまず答えを見つけた。
神様「何らかの欠点があるから産れてきて治してきなさい」
がそれである。

日月神示に記述があるのだけど人間は霊体だけだと自分の嫌な環境にとどまる事が出来ない。
つまり苦手な人と一緒にいつ続けることが出来ない。
そういう事が可能なのってこの世だけなのです。
要は修行みたいなことが出来るのって今だけみたいなのですよ。

輪廻を信じる人に言っておきたいのだけどこの魂がずっと続いているとして反省しない事や改心しない事は次の自分が苦労することになると考える事ができませんか?
という訳で僕的には『今回でやれるだけやる』事にしたのです。

だけどやっぱり自分の力では無理。
何故なら人間は間違いだらけだもの。





2019年3月9日土曜日

日月神示



そもそもの所を思い出すとまだ大阪のCLAZYMARKETがあった頃、遊びに行った時能勢伊勢雄さんと言う方のZINEみたいなのを買ったんですが完全にチンプンカンプンの内容でした。
色々なカルチャーの結びつきみたいな分布図みたいなモノが書かれていたのですがその中のあったルドルフ・シュタイナーと言うドイツの思想家が何となく気になって本を買ってみたのです。
しかし内容は難解で何回読んでも完璧に理解するのは不可能に思えたのですが通勤の傍ら読み続けたのでした。

その内、ネットでルドルフ・シュタイナーについて調べていてたどり着いたのが『日月神示』でした。
確かセガレが産れた頃だったと思うのでもう5年ぐらい前の事だと思います。
これまた難しい内容で一度読んだだけではほとんど理解できず何度も読んでいる内に今に至ると言う感じです。
ちなみに通勤時の行きかえりはここ3年ぐらいは毎日のように読んでいます。
もはや読書の終着駅です。
ココで見れます→⦿(意図的に順番が逆さまになっているので各ページ下から読むのが普通の順番です。)
日月神示の説明はこれでもご覧ください→⦿

今までここに触れてこなかったのは自分の理解度に自信がなかったのもありますしこういったモノのイメージがなんであれ一緒くたにされ易く尚且つ悪いという所にあります。
自分で思うに世の中の人は初詣に行ったりするぐらいだから俄かに神様は信じている。でも宗教はなんかね。と言う人たちが多いと思います。
どちらかと言うと自分もそうで、で宗教すっ飛ばしてまず神様信じてるみたいなそんな感じです。

モノの成り立ちには必ず中心があるように思うし、何億と言う人間が今この瞬間も生きていて一見同時進行で進んでいるように見えるのですがただ一筋の歴史があるという事が事実だと思います。

ここでこういう事言っちゃうのは自分にとって損っちゃ損なんでまあまあ勇気ふり絞ってるんですが20年後とか考えるともう今言っといた方が楽だなと思って今タイピングしていますのでそこの所よろしくお願いします。

でですね。
この日月神示は内容難しいので自分で理解するのはにっちもさっちもいかなかったのですが解き明かしをされてる方が居まして僕が参考にしてるのはコチラ→
ちなみに動画あります→
結構僕、勘ぐる方なんですが言ってることが筋が通っててあと毎日やってるですよね。
半端じゃないなと思います。

もうちょっと言いたい事あるんですが今日はこの辺にしておこうかな。
日月神示是非ともご覧ください。
滅茶苦茶いっぱい発見があります。