2010年3月9日火曜日

●  ● ●   ●   ●  ●

比較に関しての…

比較にとって危険なのは基準が出てくることだ。
この基準ってモノは厄介でこれによって最悪の場合、物事に優劣が付く。
平均的、平均点、基準、標準。
僕にとってはあまり気持ちの良い言葉ではないな。
何故ならその言葉を使うのって大抵が僕たち健常者であるからだ。

これから先、自分か子供を持つとしてその時産まれて来た子供にもしも何かの障害があったら…
この平均的な比較生活をしてきた人間は沢山の場面で悔い改める必要がある。
それが出来なければ自分の子供を愛すことは出来ない。
それって悲しいねー。

ここでクイズ。
出来るだけ比較をしないで生きるためには何を使えば良いでしょうか?
ヒントはこのエントリーのタイトル。



あー俺のスリッパ何処に行ったんだろう?
昨日から行方不明。

2 件のコメント:

bomb0! さんのコメント...

うーん?わかんない。てんてん!

Atsuo Morrishita さんのコメント...

そんなに優しいヒントでは無かったな…
点と点の距離。これを別の言い方をすると?